Xiaomi Mi Band 4 買いました!

スポンサーリンク

Xiaomiが日本に正式参入を発表しました!「Mi Smart Band 4」も正式にAmazonで発売されます!(2019/12/23 発売予定)
Ali Expressよりは高いですが、ここまで待った人はAmazonで正規に購入したほうがよいと思います!Amazonの正式な商品ページはこちらになります!

Xiaomiから発売されているMi Band 4を買いました!
Xiaomiの公式サイトを見ると、「Mi Smart Band 4」ってなってますので、これが公式の名前なのかも。3までは「Mi Band 3」だったんですけどね。
書くのがめんどくさいので、以下は「Mi Bank 4」で略します。

Mi Bank 4とは?

Xiaomiから出ている、スマートバンドです。ミーバンドって読みます。最初は知らずにマイバンドって読んでた。恥ずかしい・・・。
Apple Watchとかのスマートウォッチほど高機能ではありませんが、それでもかなりの高機能です。
スマートウォッチに比べて、

圧倒的に安い!
圧倒的に電池持つ!

という特徴があります。

自分はMi Band 2のときからのファンで、
Mi Band 2

Mi Band 3

Mi Band 4
と購入してきました。もう勝手知ったるものです。

Mi Band 3 から進化したところ

Mi Band 3を持っている人向けに、ざっくりですが、Mi Band 4で進化したところはこちらです。

液晶がカラーになった!

ついに、4にして、液晶がカラーになりました!やったね!
それ以外に、画面も明るくなって、とてもきれいで見やすいです。
2のときは、日なただと全然見れないけど、3になって、手で覆えば見れる、という感じでしたら、4だったら、そのままでも結構見ることができる!といった感じです。

子供に使わせていたお古が現役だったので、比較してみました。

もちろん、左から2,3,4です。
2と3は、長年の使用により、ちょっとくすんでますが、ご了承ください。 写真だとそれほど違いがわからないですが、明るさと奇麗さはぴか一です!
mi band 2を今見てみると、ナイトモードで暗くなっているのか?って思うくらい。

ちなみに画面は標準の表示ではないです。変更したら、標準がわからなくなってしまいました。すみません。

大きさはちょっと大きくなった

ちなみにバンドは3のやつがそのまま使えます。少しきつそうですが。

比べてみました。

ちょっと太くなってますね。

充電がクレードル式に!

Mi Bandを使ったことがある人なら、あるあるですけど、充電がしづらかったです。バンドから取り外すのはよいとしても、そのあときつめのズボン的な充電器を履かせて、USBに指すのですが、うまく充電がはじまらないことが多く、何回かやりなおしたりしてました。
まあ、充電自体、20日とかに1回くらいの頻度なので、まあいいか、という感じではありましたが。

それがなんと、クレードル式になってますよ!

こんなやつに

パコっとはめます!

ワオ!簡単便利!

壁紙設定できます!

3でも、表示形式を3タイプくらいから選べましたが、今回は壁紙的なのが設定できます! アプリのMi Fitで、選んで同期します。

こんな感じです。

うーん、なにかこう、文化の違いのようなものを感じさせます。

設定してみた。

ちょっと電池の消耗が激しくなりそうなので、もっとシンプルなやつに戻しました。

まあ、主だったところはそんなところですかね。(それだけかい!)

Mi Band 4の基本機能

もちろん今まで通りにできていたことはすべてできます。 Mi Bandを使ったことがない人用にダイジェストでお送りすると

  • 時間が表示されて、時計代わりに!スマホのアプリと同期すると、正確になります。(近すぎると秒単位まで合わないけど)
  • スマホの通知が受けられます!通知画面で表示されている分はMi Bandでも読めますので、だいたいのLINEやメールはこれで内容がわかります。でも、LINEのスタンプは、スタンプが送信されたことしかわかりません。残念。スタンプの画像表示してくれないかなぁ。
  • スマホの着信がわかります。LINE通話でも。スマホはカバンにしまったままでも、着信に気付きます。スキーに行ったときとかは、絶大な効果を発揮!
  • 無音の目覚ましになります。周りに迷惑をかけずに、腕の振動で起きられます。昼休みに寝てるひとが、たまにスマホの目覚ましかけたりする人をみかけますが、ほんと、Mi Band買えや!って思います。
  • もちろん歩数測れます。
  • 心拍数測れます。でも、自分は全然使わない。
  • 睡眠の質を計測してくれます。何時間寝て、深い眠りが何時間とか。日々記録してくれて、ライフログに。
  • そのほか、ストップウォッチとかタイマーとか。座りすぎ防止とかも。全然使わないけど。

あと、公式でうたっているMi Band 4の機能を軽くお伝えすると、

バンドロック

使ってないですけど、でもこれって他人の腕につかたら解除されちゃうのでは?
そういう目的ではないのかなぁ。

複数のスポーツ

このアクティビティの記録というのは、2でもあったのですが、使ってないので、わかりません。すみません。6種類のスポーツをサポートしているみたいです。

気に入らない場合は次の曲へ

まあ、音楽のコントロールができるようになりました。

使ってみた。

毎回、0.5秒くらいで同期して、今の情報が表示されます。
曲名も日本語で表示されます。
そして、なんと上の方にボリュームが出ているので、もしや・・?と思ったら、なんとこの-,+の小さいボタンでボリュームが調整できます!

でも、そもそもこの画面が2秒くらいで消えてしまって、かつボタンも小さいので、おそろしく困難!
このボリュームコントロールは、使えば便利になる可能性は秘めてますけど、現状使うのはちょっと難しそう。

買ったのは中国語版

3のときもそうだったのですが、Mi Band 4には、中国語版とグローバル版とがあります。
グローバル版だと日本語かというと、まだ日本語はサポートされていないで、英語表示です。
中国語版はもちろん中国語版です。
でも、この中国語とか英語とかは、メニューの言語で、通知にくる文字とかは、問題なく日本語が表示されます。ときどき不便ですが、基本機能はそのままで問題なく使えます

Mi Band 3も中国語版を買いましたので、慣れたもんです。
しかも、2,3ヶ月後くらいで、日本語がサポートされると、中国語版でも、グローバル版でも、Mi Bandのファームウェアアップデートで、日本語表示になりました。(3のときの実績)
4でも、そのうち日本語にアップデートされることが予想されるので、現時点で安い中国語版で問題なし、との判断です。

ちなみにNFC版ってのも存在していて、中国だと、このMi Bandで決済ができたり、Siriみたいなやつに話しかけて表示する機能もあるみたいですが、日本だと使えないので、気にしなくていいです。そのうち、日本のおサイフケータイ機能とかついてくれれば、超絶便利なんですけどね。

中国語版で一番困るのは、曜日が中国語になって、月曜、火曜が「周一」「周二」とか表示されてしまうことなのですが、なんと壁紙によっては、英語で表示してくれます!
最初の比較画像で、曜日が英語表記になっているのは、この壁紙が英語で表示してくれるからです!
いまのところ、5個くらい試して、英語表記はこの1つだけでした。ほかのやつはわかりません。すみません。

通知は問題なく日本語です。

まったくの余談ですが、3のときは、しばらくはしょぼい明朝体だったんですが、4はときは最初からいい感じです。3までは、続きは左にスライドで次のページだったんですが、4は上スライドでスクロールしていきます。

天気もちゃんと読めますよ。

でも、明日以降は中国のかほりが。

まれにまったくわからないメニューも。

でも、基本大丈夫です!

どこで購入?

ちなみにAli Expressで購入しました。送料無料で3,000円しないです。激安です。クーポンとか使ったら、もっと安いです。
でも、購入してから、20日くらいかかったかな?
Ali Expressすげー安くていいのですが、この到着までに相当な日数がかかるのと、商品が発送されてこなかったことも過去にあるので、自己責任でお願いします!
一応自分が買ったお店を紹介しておきます。ちゃんとしたMi Band 4を送ってくれました。

39.99US $ |Xiaomi mi バンド 4 スマートブレスレット 3 amoled カラー画面 miband 4 心拍数フィットネス bluetooth スポーツ 50ATM 防水 smartband|Smart Wristbands| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

もし興味がありましたら。保証するわけでもなければ、アフィリエイトでもなく、純粋に自分はここで買って、ちゃんとした本物が発送されましたよ、ってことの共有です。

偽物が心配な人は、日本の正式な代理店(TJC株式会社)がMi Band 4を取り扱いするまで、待ったほうがよいかと。
でも、取り扱いが開始するのは、今までの例だと、当分先かと思われます。

日本のAmazonでもすでに取り扱っているのですが、怪しい業者が多そうなので、選定はくれぐれもご注意を。値段もまだまだ高値です。
しかも、同じMi Band 4なのに、表記ゆれで複数の商品として登録されているので、もはや何が正しいのか。
たぶんわざとやっているんでしょうね。

レビューで違う製品が送られてきたとかもありますので、こちらも自己責任でお願いします!
まあ、日本のAmazonで購入したほうが、偽物だったときに、返品とかしやすいでしょうね。

(2919/12/13 更新) Xiaomiの正式なページに差し替えました!

では、素敵なMi Band 4生活を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました