Amazon Lightsailを使ってWordPressでブログを運用してわかったこと

スポンサーリンク

実はこのブログ、Amazon Lightsail上でWordPressを構築、運用しています。
だいたい2ヶ月弱くらいAmazon LightsailでWordPressを運用して、わかったことをお伝えします。
これからLightsailを使おうと思われてる方のご参考になれば幸いです。

Amazon Lightsailって?

Amazon Lightsailとはなんぞや?と思う人も多いでしょう。
AWSの数多いサービスの一つで、マウスでポチポチっとやると、簡単、お安く、サービスを起動できてしまう、というもので、マネージドサービスの一つです。
いくつか対応しているサービスがあるのですが、そのうちの一つにWordPressがあって、自分でEC2たててー、ApacheとかPHP入れてー、MySQL入れてー、とかが不要です。 AWSのなかでも、マニアックなサービス(当社比)で、自分は仕事でAWS使ってますが、知りませんでした。管理画面も、AWS管理コンソール上でLightsailを選ぶと、別タブで全く違う独自の管理画面が開くという、AWSの中でも異色のサービスです。

詳しくは公式サイトをご参照を。

Amazon Lightsail(月額3.5ドル〜の仮想プライベートサーバー:VPS)| AWS
Amazon Lightsail は、使いやすい仮想プライベートサーバー (VPS) です。アプリケーションやウェブサイトを構築するために必要なすべてのものに加えて、費用対効果の高い月額プランを提供します。

Lightsailの料金は?

公式サイトの料金表を見てもらうとわかりますが、一番安いので月額 $3.50(USD)です。今日時点でだいたい1ドル110円ですから、月額約385円です。けっこう安いですね。

他に料金はかからない?

この$3.50には、インスタンス料金はもちろんですが、ストレージ、データ転送(無料枠のみ)、DNS管理、静的IPアドレスが含まれていますので、これで収まる分しか利用しなければ、これ以上かかりません。WordPressをシンプルに使うだけであれば、これに収めることは可能です。
料金表にはマネージドデータベースとかも記載されていますが、WordPressを選ぶと、同じインスタンス内にMySQLもインストールして使いますので、高価なDBは不要です。

気を付けないと料金がかかってしまうもの

注意しないとうっかり料金がかかってしまうものがあります。

Lightsailで用意された証明書管理を使用した、SSLサイトの構築

いや、これが騙されました。あ、きちんと読めば書いてはあるのですが。

だって、こことかにも

さらに、Amazon Lightsail ロードバランサーには統合証明書管理も含まれており、わずか数回のクリックで、プロビジョニングおよびロードバランサーに追加できる無料の SSL/TLS 証明書を利用できます。証明書の要求や管理は、Lightsail コンソールから直接行うことができます。更新は、お客様に代わって私たちが管理いたします。
Amazon Lightsail の特徴より

とか書いてあると、もちろん無料でできると思いますよね。
というか、いまどきSSLなんて当たり前だから、無料でできるとおもうじゃないですか。他のサービス使ってWordPressのブログ作ろうと思ったら、普通ついてきますよ。当たり前に。たぶん。

これは、証明書管理自体はたしかに無料なのですが、その証明書はLightsail ロードバランサーにしか適用できないのです。
じゃあ、そのLightsail ロードバランサーはいくらなのかというと、この料金が見つけにくい!
ようやくFAQのページから探し当てると、

Q: Lightsail ロードバランサーのコストはどれくらいですか?

Lightsail ロードバランサーには、1 か月あたり 18 USD のコストがかかります。

よくある質問より

なんという罠!インスタンス料金より圧倒的に高い!

ということで、自前で庶民の味方Let's Encryptを使用して、無料SSL証明書を使用することにしました。その方法はまた別記事にでもします。すみません。

SSL以外にもかかりそうなのが、

スナップショットによるバックアップ

やっぱり仮想マシンだから、スナップショットでバックアップとりたいですよね。でも、無料枠ないです。
スナップショットによるバックアップは、月額 0.05 USD/GBです。一番安いので作成すると、ストレージは20GBになりますので、スナップショットをとると、必ず月額$1 約110円かかります。
2つ目以降のスナップショットは、差分でとってくれるみたいなので、20GBまるまるかかることはなさそうですが、必ず1つ目で20GBかかってしまいます。
110円くらいいいか、という気はしますが、せっかく安く仕上げようとしているのに、他のサービスよりも高くなってもうれしくないので、スナップショットはあきらめます。
MySQLのバックアップをローカルストレージに保存するようにしよう。そうしよう。
cronでやろうと思ってたけど、まだやってないことに気付いた。

ネットワーク通信量

Lightsailを始める前に、いくつかググって見たのですが、EC2で自分でインスタンス立ててやるのに比べて、Lightsailだったら、完全定額だから安心、というのを見かけました。
でもそれは間違いです。一番安い$3.50のプランだと、データ通信量は1TBまで無料ですが、それを超えると、課金対象になります。この1TBはインバウンド(インターネットからの通信)と、アウトバウンド(インターネットへの通信)と両方が対象です。ただ、課金対象となるのは、アウトバウンドだけみたいです。
この1TBがどれくらいかというのは、なかなか難しいですが、まあ通常使っている分ではまず超えないでしょう。
ただ、万が一DDosアタックとか受けてしまった場合に、予期せぬ課金が発生する可能性はゼロではないです。
まあ、とりあえず大丈夫だとは思いますが、毎月の課金がどうなってるかは、確認したほうがよいかも。
全く関係ないですが、この前仕事で使うからと、試しにRDS(aurora)をバージニア北部に立ててたのを忘れて、無駄に1万近く課金された。超絶がっかり。

結局Amazon Lightsailはおすすめなのか?

それで、結局Lightsailはおすすめなのか?というところですが、自分が考えるに

Amazon LightsailでWordPressを作るのに向いている人

  • すでにAWSのアカウントを持っていて、AWSを使うのに抵抗がない
  • どうしてもワンコイン以下にコストを抑えて、かつストレスのないサーバーが使いたい
  • 逆にコストは気にしないで、ロードバランサーの月額なんか気にせず出せる
  • Linuxのコマンドに慣れてて、Let’s Encryptの更新なんて簡単な人

Amazon LightsailでWordPressを作るのに向いていない人

  • LinuxとかSSHとか何のことだかわからない人
  • とにかく簡単にWordPressが始めたい人
  • 余計な心配をしたくない人

というところでしょうか。 とりあえず立ててしまえば、もうWordPressの管理画面しかみないで、AWSの管理コンソールに入ることもSSHすることもなくなるので、そうなるとどこでもいっしょなんですけどね。
ただ、WordPressの管理画面がもたついたりすることはないので、快適な部類に入るかな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました